×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


はじめての赤ちゃん

TOP はじめに 更新履歴 成長の記録 産後いろいろ 妊娠中のこと 育児日記


産後の回復

母の、産後の肥戻りの様子です。母体の回復と体の変化を書いてみます。
赤ちゃんの成長については、成長の記録のページをどうぞ。

産後 0ヶ月目(入院中退院後)/1ヶ月後/2ヶ月後/3ヶ月後/4ヶ月後/5ヶ月後/
 6ヶ月後/


産後 0ヶ月(退院後)

産後 1週間後
意外と動ける 布団は敷きっぱなしで、プーといっしょに寝たり起きたりの生活。しかし、動こうと思えば動けるし、家事をやろうと思えばできてしまう。
ただ、近しい人や病院の指導から、「家事はできてもやるな、後できっと反動がくるから。」と、口を酸っぱくして言われていたため、家事のほとんど全てを父に任せて母は寝ていた。

続・マタニティブルー 自分ではそれほど精神的に不安定だなと思ってはいなかったが、時に涙もろく、まわりの人達の優しさに感動したり、今から子供の未来を想って涙した。(←今思うと、ほんと笑い話のよう)
退院の日、父がプーの出生届を出しに役所へ行ってくれた。会社で何かの手続きに必要かもしれないからと、家族全員の分が記入された住民票も取ってきてくれた。新しい住民票を眺め、プーが「子」として追加されたことを見て、「ああ、プーが日本国民として認められた」と感動して泣いていた。

生理用品が手放せない 病院で貰った悪露パッドを使うほどではないものの、まだ悪露の量は生理中並にあった。
昼も夜も、夜用の生理用ナプキンで過ごした。まだ体がホカホカして汗をかきやすかったため、不織布タイプよりもメッシュタイプのナプキンを選んで正解だった。

ミルクは毎回足す 母は、完全母乳育児を目指している。ただ、退院の日にもみてもらったが、まだ母乳だけでは足りなさそうなので授乳の後にはミルクを足した。この頃は、病院で計算してもらった「最低これだけ飲んでいれば、赤ちゃんは生きていける」という量を毎回足した。(ある程度母乳が出ていることを前提のため)
一番最初は、病院とは違う哺乳瓶を嫌がったが、すぐに慣れて全量飲むようになった。

ロケットおっぱい とにかくおっぱいが張る。吸われても吸われなくても常にパンパンで、ロケットのよう。全身鏡で自分の裸を見て、なんなんだこれはと思ってしまった。(他のママさんごめんなさい)
肩から下が全部おっぱい、そんな感じ。人生で最高に豊乳な一時。

腹は締めただけ締まる 退院時、マタニティに袖を通す時に、初めて産後用ウエストニッパーを着用した。タプタプになっていたお腹が、そこから数日間は驚くほど凹んだ。締めるというか、絞めるというか、締めれば締めただけ引っ込んだ。とても不思議だった。
ただ、洗濯しようと1日外すと、とたんに元に戻った。使い続けなければダメなのね。

2週間後
体重減少 体重は減り続け、この頃は出産前よりも11kg減った。身長に対する理想体重よりもすでに4kg軽い状態になり、手足の冷えが復活した。
「近所に産後うつで産後の肥戻りの悪い女性がいて、退院後数日で出産前より13kg痩せた。」なんていう話を人から聞いたことがあったので、自分はどうなんだろう??と少し心配になる。
3食しっかり食べているし、特別体調が悪い感じもないので、まあいいか。むしろ、食べる割には鉄剤の影響で便秘。悪露と母乳で体重はこんなに減るんだな。

ミルクはたまに足す 母乳量は順調に増えている様子。病院で指導された量のミルクを足してはいるが、おっぱいだけで満足そうな時は、無理に足さないで欲しがった時だけ与えるようにした。
ミルクを与える時は、様子を見ながら40mLか60mL作り、飲み残したら無理に飲ませずそのまま寝かせた。ミルクを作っている間に寝てしまって全く飲まないことや、10mL程飲んで満足して寝てしまうこともあった。

3週間後
繊細なおっぱい 父が正月休み明けで仕事を再開したのと、そろそろもう動いてもいいかなと思ったので、少しだけ家事の量を増やしてみた。年末からずっと掃除していなかったキッチンを少し掃除したり、プーの洗濯物をしたり。その程度だが、疲れてしまったのか体が冷えたのか、とたんにおっぱいの量が減ってプーの機嫌が悪くなってしまった。丸2日くらい一日中ほとんど起きていてグズッている日が続き、降参。実家の婆さん(母の母)にHELPし、家事を手伝いに来てもらうことにした。

また、この頃はスパルタ的に粉ミルクを止めて母乳量を増やそうとしていたこともあり、すっかり飲み干されたおっぱいはペッチャンコに。張るまで溜まらず、器ばかり大きくてなんだか貧相になった。
そろそろ授乳かなという頃、プーが腹を空かせて泣き出すと、反応するかのように乳が漏れてパジャマまでビショビショになった。で、漏れて漏れてストックが無くなって、プーが吸う頃にはあんまり出なくて泣かれた。こっちも泣きたかった。

昼用ナプキンでOK 悪露の量は順調に減っている。もう夜用ナプキンは必要ないが、疲れたり動いたりするとまだ赤いものが出るので、昼用のナプキンを使っていた。

4週間後
母乳量が増える あとちょっとで1ヶ月健診という頃になって、急に母乳量が増えた。パンパンに張っていたおっぱいは、相変わらずパンパンだが退院直後に比べるとマシになった。
漏れる量が多くなり、授乳中は吸われていないもう片方の乳がボタボタ出て困った。下着がびちびちになるのでガーゼで吸い取っていたが、毎回ガーゼもびちびちで結構な洗濯量になるので、そのうちティッシュに吸わせるようになった。片乳だけで、ティッシュ1枚強〜2枚びっしょりになるくらいの量が漏れた。あーもったいない。

ミルクの足し方は、1日1〜2回程。吐いて吐いて乳が枯れたのにまだ飲み足りない時や、疲れてきて夕方乳の出が悪くなった時に60〜80mL作り、飲みたいだけ飲ませた。

家事を始める 家事を再開した。ただし、プーのお相手優先なので、以前に比べるとまだまだ少ない。父に任せっきりにしていた家事を、お手伝いする程度。









入院中へ / 【退院後】 / 一ヶ月後へ


Copyright (C) 2008 はじめての赤ちゃん. All Rights Reserved.