×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


はじめての赤ちゃん

TOP はじめに 更新履歴 成長の記録 産後いろいろ 妊娠中のこと 育児日記


妊婦の体と心の変化

プーがお腹にいた頃の母の様子です。
思い出しながら書いています。また書き足すかも。


妊娠初期(1〜4ヶ月目)/妊娠中期(5〜7ヶ月目)/妊娠後期(8〜10ヶ月目)
 /妊娠中の体重推移


妊娠後期(8〜10ヶ月目)
8ヶ月目
勤務は週4日に 妊娠28週目。
有給休暇を毎週水曜日に使用して、勤務を月・火・木・金の週4日に減らした。
会社へ2日行って、真ん中休んで、また2日行ったら、2日休み。仕事してんのか、遊んでいるのか。よく働かせてくれたもんだ。

重いけどまだまだ動ける 体重は、妊娠前よりも10kg程増えている。体は重かったけど、まだまだ動こうと思えば動ける。通勤電車にも普通に乗った。

食後は胃もたれ 食後は、胃もたれがキツかった。食事の途中で変なゲップが出て、まだ入るけどそれ以上食べると大抵胃もたれするので、腹八分目のサインかなーと思っていた。
一度に食べられる量が減ったが、お腹は空くので、夕方におやつを食べていた。

午後は眠い 昼ごはんの後、とにかく眠い。眠い時に無理に動くと吐き気が来たりするので、眠い時は動かなくても座っててできる仕事をしていた。

スニーカー とある台風の日、大雨で滑りそうだったのでスニーカーを履いて出社した。それ以来、会社へもスニーカーで行くようにした。
足元も覗き込まないとよく見えなくなっていたので、履き替えて正解だったと思う。


9ヶ月目
腰が痛い 母は、横向きに寝るのが苦手だった。なんだか、お腹の中がずれて、下になった部分が痛がっているように感じたから。なので、それまでは横になる時は重いのを我慢してなるべく上向きになるようにしていたが、そろそろ限界。大きくなったお腹に腰が圧迫されて慢性的な腰痛になっていた。腰が痛くて眠れない時は、真横と真上の間みたいな、斜めの横向きで寝ていた。

胎動は、お腹の上からでもしっかりわかる 胎動はすっかり力強くなり、自分のお腹を見ていると、もこもこ動いているのがわかる。服の上からお腹を触って、中で動いているのがはっきりとわかる。
動いている時は痛いくらいで少し黙っとけと思うが、静かになればなったで何かあったのではないかと不安になった。妙に活発に動いている日があると思えば、朝から夕方までほとんど静かで、会社から帰る頃になってようやく胎動を感じる時もあった。

動くのは大変 動けないことはないが、常にお腹が重くて大変。
今まで一気に上がれた階段が上がれず、途中で休んだり。ほんの少しの傾斜が坂道に感じたり。電車では、空いている席がないかいつも探していた。
赤ちゃん自体は相当育っているようだったけど、今出てくるとまだ早いので、ここまできたのだからあと数週間は何事もないようにと気を張っていた。

産休開始前の準備 産休に入る前、会社でやっておいたこと。

@出産一時金は、退院時の支払いと相殺できる制度があるので、その手続きに必要な書類を会社専属の社労士の先生に貰って書き、手続きをお願いしておいた。

A出産育児一時金は、産前用と産後用とに申請書類が2つに分かれているので、それも貰って書き方を教わっておいた。
(出産後、実出産日の記入や病院の押印を済ませ、郵送して申請してもらった。)

B産休・育休後は職場復帰する予定なので、産休申請書を渡しておいた。育休申請書は出産日を書く必要があるらしく、産後に自宅へ送ってくれた。(この辺は、会社によって違うと思う。)

C引継ぎの完了。母が産休・育休中に業務を代わってくれる社員に、引継ぎの最後の仕上げ。数ヶ月かけて徐々に仕事を渡していったので、焦ることは無かった。

まだあるかも。思い出したらまた書きます。


10ヶ月目
産休開始 妊娠36週目。
35週末まで働いていたが、予定日1ヶ月前から産休を取らせてもらった。

毎朝の吐き気 毎朝、うがいをすると吐き気がこみ上げ、トイレへ直行。
泡と黄色い液(胃液?)を吐いていた。吐いてしまえばスッキリ。

毎晩の鼻づまり 毎晩、鼻が詰まって深夜2時くらいまで眠れなかった。
風邪をひいたときは片鼻ずつ詰まるけど、この1ヶ月間は毎晩両方の鼻がいっぺんに詰まり、息ができずに苦労した。

睡眠は午前中にとる 夜は鼻が詰まって眠れないので、睡眠は主に明け方〜午前中にとる。
朝食を食べたらまた寝て、昼前に起きて歩き、午後にかけて家事を済ませ、夕方まではまた少し昼寝をして体を休める。日が暮れる頃、また調子が悪くなり、唾を吐いたり鼻をかみ続けたり。毎日こんなことの繰り返し。
産休に入ったら暇だから図書館でも行こうかと思っていたが、どうにもこうにも口・鼻・喉がおかしくて、それどころではなかった。毎日、調子の良い時間帯に、少しずつ産後の準備をしていた。

胎動もピーク 歩いていても、寝ていても、食事をしていても、何をしていてもボンボン蹴られた。
肘や膝?の形がわかるくらい、右腹に突き出して痛い。肋骨を蹴られると、思わず「うっ」となる。夜はなかなか寝られない。

出産が近づくと胎動が弱くなると聞いたが、そう言われてみれば出産の3日前くらいから少し大人しくなった気がするようなしないような。

座布団に座ると苦しい お腹がパンパンで体が曲がらないので、あぐらをかいた状態から前傾姿勢になることが辛かった。
今までは、座布団に腰掛けてローテーブルで食事をしたり文字を書いたりしていたのだが、お腹が圧迫されて気分が悪くなってしまうので、別の部屋の椅子とテーブルで食事をとるようになった。年賀状の宛名を書くのが一苦労だった。

1時間外出するのがやっと 妊娠38週目頃。
いよいよお腹も重く、歩くだけで息が切れる。安産のために毎日1時間は歩くようにと言うから歩くが、正直、1時間歩くのはしんどい。


出産予定日に陣痛 妊娠41週目。妊娠11ヶ月目。
出産予定日ピッタリに陣痛&出産。


「出産時のこと」へ続きます。







妊娠初期(1〜4ヶ月目)へ / 妊娠中期(5〜7ヶ月目)へ / 【妊娠後期(8〜10ヶ月目)】


Copyright (C) 2008 はじめての赤ちゃん. All Rights Reserved.