×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


はじめての赤ちゃん

TOP はじめに 更新履歴 成長の記録 産後いろいろ 妊娠中のこと 育児日記

 育児日記

 2008/4/17 「糞洗濯機」

我が家の洗濯機は、糞だ。


洗濯→すすぎ→脱水を自動でやってくれるのは、とてもありがたい。

脱水の際、洗濯物が偏っててうまく回転しない時に、自動で注水して
軽く回し、洗濯物を均一にした後、再度脱水するところなんかは、とても賢い。

しかしだ。


洗濯物を均すだけなのに、


水位「高」まで水を張ることはないじゃないか。


おかげで、せっかくかけた柔軟剤が取れまくりだ。

途中で気が付いて手動で均しに行こうと思ったが、


右乳にプーが吸い付いていて動けない。あああ…


そして、


一度、再注水して回してみたが、それでも洗濯物の偏りが直らない時、


諦めて停止するな。


いや、


諦めて停止するくらいなら、



はじめから注水するな!


柔軟剤は取れてるわ、そろそろ干そうと思ったらまだ脱水できていないわ、
お前は一体なんなんだ。 それでも全自動洗濯機か? イライライラ…




 ←参加してます。応援クリックしてね。

 2008/4/16 「キックLv.2」

おむつを換えたあと、プーがご機嫌で遊んでいるので、
そのままベビーベッドの上で転がしておいた。

大人のベッドだと柔らかいので回転して埋もれたりするが、
ベビーベッドだと柵もあるし、布団も軽いので安心。

そのまま床をコロコロで掃除していると、急に背後で
バサッ!という音が。

何かと思い、振り返ると、ベビー用の掛け布団が床に落ちている。
プーが遊ぶスペースを作るために、どかしてベビーベッドの柵に
掛けておいた掛け布団だ。

あれ?そんな不安定に掛けたっけな?
元に戻し、また掃除の続きを始めると、またバサッ!という音が。

そして、布団は床の上。


うーん、なんだかすごくプーな予感。


元に戻し、こっそり様子を見ていると…


白いシーツが大好きなプーは、布団を手でガーサガーサして遊ぶ
 ↓
足をバタバタし、布団を蹴り上げる
 ↓
手でガーサガサ
 ↓
足でキック!キック!
 ↓
しばらく繰り返す
 ↓
徐々に布団がナナメになる
 ↓
…バサッ!


あっ、なーるほど。なーるほど。

そういえば最近、暴れて布団を蹴り上げ、完全に布団から出ている
こともある。

つまりあれだ、ただ蹴るのではなく、
蹴り上げることをマスターしたな。

どんどん進化していくプー。
そのうち、ベビーベッドも蹴り倒されてしまうんではなかろうか。



 ←参加してます。応援クリックしてね。

 2008/4/15 「3ヶ月健診」

プーの3ヶ月健診に行ってきた。

受付開始の5分後くらいに到着したのだが、すでに30人以上の
赤ちゃんが待っていた。結構な混みようだ。

受付で母子手帳と健診票を渡し、待合室で順番を待つ。
名前を呼ばれて診察室へ行くと、流れ作業で
身体測定→小児科医の検診→BCG接種 となった。

基本的に、お出かけするとプーはニッコニコしているので、
BCG接種会場から聞こえるギャン泣きの声だとか、
ちょっかいを出してくるどっかの3歳児だとかは、余裕でスルー。
なんつーか、すごいのん気だ。

待合室で他の子を見ると、どの子も小さいなぁ。
プーの場合、同じ3ヶ月児と言っても、あと数日で4ヶ月なので、
やもすればほぼ1ヶ月くらい違うわけで。なんだかうちの、デカイな。

しかし、身体測定をすると、なぜか1ヶ月前とほぼ同じ。
身長60cm、体重6kg。 なぜじゃーーー

ふと、母は思い出した。


身長測定の時、真っ直ぐ足を伸ばせるくせに、
まだ足を伸ばせない子のふりをするプーを。

おまえー!なんでこんな時に足に力を入れて膝曲げてるんだ!
ほら、そのまま計られてしまったじゃないか!


体重測定の時、寝かせて計る体重計の脇から、
こっそり外のバーを握っているプーを。

おまえー!なんでそんなとこに手を着いているんだ!
しかも、終わった瞬間にこっそり放しやがって!


混みあう流れ作業の哀しきかな、そんなことはおかまいなしに、
そのまま確定。母子手帳に記入されていく。あああ…


次に、小児科医の検診。

ここでは、異常なし。オムツかぶれも無し。
むしろ、こんなに肌のキレイな子は珍しいと誉められた。

そういえば、生後1ヶ月頃に顔に湿疹ができた以外は、これといって
はっきりとした湿疹が出たことはない。出ても、軽く赤らむ程度。

初子なのでよくわからず、これが当たり前なものかと思っていたけど、
そういえば待合室では顔に湿疹のある子を多く見かけたなぁ。

プーは、お風呂で顔洗う以外、特別何もしていないんだけどね。
乾燥してカピカピしていたら、湯上りにミルクローション塗るくらい。
空気もキレイとは言いがたいところに住んでいるのに、
肌は強いみたいで母は助かります。


最後に、BCGの接種。

BCGの接種会場では、どの子もよく泣いていた。
注射を打たれて泣く以外にも、順番待ちをしている段階で
すでに泣いている子や、肩を消毒されて驚いて泣いている子。

珍しいところでは、BCG接種会場の手荒な保健士にビビって
泣き始めた子とか。
BCG接種会場は、補佐らしい補佐がなぜかこの手荒な保健士しか
おらず、混んでキリキリしている雰囲気がビシビシと伝わってきた。

この保健士は、隣のお母さんに自分から質問しておきながら、
相手の回答を最後まで聞かずに「はいはい、もういいわ」っていう
素振りで次のことを始めるもんだから、そのお母さんもムッとしていた。

そして、注射を打っている席からは、「お母さん、ちゃんと抑えておいて!」と
いう怒号が聞こえてくる。

なんだなんだ、この部屋の雰囲気は。
さっきまでの保育園チックなほのぼのとした空気から一転、極めて殺伐としている。
しかも、皆ギャーギャー泣いている。
プーと順番待ちをしながら、色んな意味で早く終われと思っていた。

しばらくして、プーの番。
肩を消毒されるも、これから何が起こるかわかっておらず、
まだニコニコしている。ふふふ、そのまま機嫌良くいてくれ…。

席に座ると、まず医者がプーの肩にワクチンをポタリ。
ヤクルトみたいな色だった。これが生ワクチンってやつか。
それを、9本の注射針がセットされた筒の柄で塗り延ばし、
ギュッ、ギュッと、2箇所に針を押し当てて、肌の中に埋め込む。

これまでニコニコしていたプーも、さすがにコレは嫌だった。

んぎゃああああああ!! と。
プー、魂のシャウト。

母の心もちょっぴり痛む。

あまりの痛さに驚いたのか、暴れるかと思ったが、
むしろその場で硬直して大泣き。お陰で、すんなりと終了。

別室で接種箇所が乾燥するまで待機し、全部おしまい。


何が起きたかすっかり忘れ、帰りはまたニッコニコなプーでした。
でも、のん気なプーもさすがに疲れたね。夕方はよくお昼寝してら。



 ←参加してます。応援クリックしてね。

 2008/4/14 「指しゃぶり」

近頃、プーの指しゃぶりが激しい。

ニコニコしている時も、機嫌の悪い時も、常にちゅばちゅばしている。
その欲求は、親指やにぎりこぶしを吸うだけでは収まらない。

親指を指の付け根までしゃぶったかと思えば、次は人差し指。
これも、完全に指の付け根まで咥え込んでいる。 おえってならないの?


しかし、これだけでは終わらない。1本だけでは満足しないのだ。

そのうち、親指と人差し指の2刀流が始まる。
指笛をしていたら、なんか間違って全部口に入れちゃったような感じだ。

さらに、中指も交え、3刀流している時もある。
このまま指笛を吹いたら、100匹位の羊が駆け寄って来ちゃいそうだ。

さらにさらに、薬指も交え、4刀流! 外に出ているのは、小指だけ。
ここまでくると、もう、食パンでも齧っているかのようだ。


この流れからすると、次はきっと5刀流か?

わくわくしていると、思わぬ展開が。


右手をパク!


左手もパク!


まさかの両手しゃぶり。

あえて刀数に直すなら、7刀流?8刀流??



指への思い入れは留まるところを知らず、さらには

授乳中に、乳首といっしょに親指を吸う始末。



おっぱい飲んでからにしませんか?

乳首に、あんたの親指の爪が刺さるんですけど…



 ←参加してます。応援クリックしてね。

 2008/4/13 「すごいママ」

プーとお買い物に出かけた帰り、すごいママを見た。




自転車に乗り、

前カゴには1歳半くらいの女の子

後カゴには紙おむつを乗せ、

自分リュックを背負い

右肩にはたたんだベビーカーを掛け、

左腕にはパンパンになったスーパーの買い物袋

を、ぶら下げていた。


その状態で、フラつくことなく、華麗にサーッと道を行く。


すっ、すげー! 熟練度、高ッ!


まるで、モビルスーツか何かのようだ。


あれ、いつか母もあんな風になるんだろうか…。




 ←参加してます。応援クリックしてね。
過去の日記一覧





前の日記へ / 次の日記へ




Copyright (C) 2008 はじめての赤ちゃん. All Rights Reserved.